FORTY-FOUR

お仕事

Webコンサルコラムvol4. ターゲットへの訴求ポイント

2014.08.19

ii3

 

Webコンサルコラムvol4. ターゲットへの訴求ポイント

 

弊社のWEBマーケティングは「誰に」「何を」「どのように」「訴求する」
のステップで考えるのですが、vol3.で「誰に」の部分を明確にしたら
次は、「何を、どのように、訴求する」を考えるステップに入ります。
ひとつ業種を例に挙げてみましょう。
業種 リフォームを行う専門店
エリア 鈴鹿市を拠点
だとします。
HPに落とし込んだ時には、
「リフォーム屋さんです!」だけでは、訴求力が低いので、
「優位性」の部分が必要になります。
価格?
品質?
実績数?
人柄?
地域密着?
などなど、企業によって色がありますので、この部分と、
市場のニーズが一致する=訴求力のあるHPになります。
リフォーム会社だと、価格が明解、アフターサービスがしっかりしている。
など、ターゲットが不安に思っていることを救ってあげる記述が必要です。
ここまで明確になると、
誰に、何を、訴求しますか?
の質問も明確になってきますね。
これも言い換えると
「御社の優位性はなんですか?」に集約できます。
WEB戦略をお考えの企業様、一度、お考えいただくと良いと思います!
  • Facebook
  • Instagram
  • Blog
shimono

icon この記事を書いた人

Shimono Masashi

企業向けホームページ制作をやってます。下野です。 2017年は勝負の年、がむしゃらにコツコツと仕事します!