FORTY-FOUR

モトクロス

2018全日本モトクロス選手権 第8戦 決勝レポート /Bells Racing with MORIWAKI

2018.09.09

9月9日(日曜)決勝

Bells Racing with MORIWAKI 小島庸平
総合13位 転倒接触が重なり厳しい展開に…。

全日本モトクロス選手権 第8戦 近畿大会 「Bells Racing with MORIWAKI 」国際A級IA-1クラスは30分+1周の2ヒート制で総合結果にて順位が決まります。

■ヒート1 【9位】
スタートやや出遅れ、第一コーナーで前方を走るマシンがバランスを崩し接触転倒。最後尾から追い上げオープニングラップを13位でコントールラインを通過。4周目に9位まで追い上げたところで単独転倒し11位に。ラインが限定された難しいコンディションで思うようにペースをあげれず、最終9位でチェッカー。

■ヒート2 【15位】
スタートの反応まずまず、1コーナーを4位で曲がるも2コーナーで他車のフロントタイヤがステップにひっかかり、発進に大きく出遅れてしまい、難しい展開に。その後単独転倒も復帰に大きく時間がかかり最終15位で終える。

小島選手コメント
「地元大会として、ファンの皆さまスポンサーの皆さま、応援ありがとうございました。地元大会ということで、色々盛り上げようと準備してきましたが、ヒート1はスタートで他車と接触転倒、ヒート2もスタートがよかったんですが、他車のフロントタイヤがステップに引っかかり、なかなか抜け出せなく大きく出遅れてしまいました。ふがいない結果になってしまい、地元大会なのによいところを見せれず大変悔しいです。次は、最終戦に向けて調整していきたいと思います。またみなさんの応援が力になりますので応援してください。よろしくお願いいたします。」

  • Facebook
  • Instagram
shimono

icon この記事を書いた人

Shimono Masashi

下野です。2018年は、企業向けホームページ制作、子ども向けイベント企画、全日本モトクロス選手権チーム運営ディレクター、しっかりコツコツと歩を進めていきます!!