FORTY-FOUR

モトクロス

2018全日本モトクロス選手権 第4戦 決勝レポート /Bells Racing with MORIWAKI

2018.05.27

5月27日(日曜)決勝

Bells Racing with MORIWAKI 小島庸平
総合6位

全日本モトクロス選手権 第4戦 中国大会 「Bells Racing with MORIWAKI 」ドライコンディションでの決勝レースとなりました。国際A級IA-1クラスは30分+1周の2ヒート制で総合結果にて順位が決まります。

■ヒート1 【6位】
オープニングラップ9位から、4周目に7位までポジションアップ。ラスト5分まで7位を走行。他車転倒により6位に上がりそのままチェッカー。

■ヒート2 【9位】
スタートが決まらず、前半の混戦で他車と接触しマシンにダメージを抱えながらのレース。ペースが上がらない中、11位を走行。後半になんとか2台を抜き、9位でチェッカー。

小島選手コメント
「課題の残るレースでした。いろいろな課題がありますが、その中ではベストは尽くせたと思います。チームのみんなのがんばりがありましたが、ヒート2では他車と接触でマシンにダメージがある中でペースがあげれませんでした。今回はスタートがでれず、波に乗れなかったのも事実です。今回もたくさんの応援があったし、九州まで2週間しかありません。やれることはやって少しでも早く表彰台にのって恩返ししたいと思っています。これからも応援お願いいたします。」

  • Facebook
  • Instagram
shimono

icon この記事を書いた人

Shimono Masashi

下野です。2018年は、企業向けホームページ制作、子ども向けイベント企画、全日本モトクロス選手権チーム運営ディレクター、しっかりコツコツと歩を進めていきます!!